一定時点の為替相場の上下を予測する


jkfd78 バイナリーオプションとはFX取引(外国為替証拠金取引)の派生商品で、オプション取引に該当するものです。より具体的に説明すると、バイナリーオプションは、ある一定時点の為替相場の上下を予測することで、利益を得ようとする取引になります。従来のFX取引は外国為替の売買から利益を得ようとするものですが、新規注文や決済注文に関するタイミングについてはすべてトレーダーが自ら決定する必要がありました。そこでトレーダーはチャートを見つめながら、様々な経済ニュースや指標を読み解いて、新規注文や決済注文のオーダーを出す必要があったのです。

そして従来のFX取引では、トレードのタイミングを掴むのは新規注文よりも決済注文の方が難しいという傾向があります。というのも新規注文により相場にエントリーし含み損を抱えてしまった時でもその後の相場の推移次第では含み損が解消する可能性があるために損切りのタイミングが遅れたり、逆に含み益がでている時に、もっと含み益が膨らむことを期待して利食いのタイミングを遅らせてしまうといったことが頻繁に発生するからです。

バイナリーオプションでは、このような従来のFX取引には付きもののオーダーに関するタイミングの問題がありません。バイナリーオプションは、判定時刻と呼ばれる基準時間における相場が、どのくらいのレートになっているかを、あらかじめ提示された複数の価格帯の中から選択する取引です。

バイナリーオプションでは、チケットと呼ばれる参加費を支払ってトレードを行います。たとえば1ロット1,000円でトレード行い、判定時刻における予想が当たればその時の相場の状況に応じて、1.01~100倍ほどの倍率でペイアウトと呼ばれる成功報酬が貰えるということになります。つまりトレーダーは、いったんチケットを買って相場を予想すれば、あとは何もする必要がなくただ判定時刻が来るのを待てばよいのです。したがって、バイナリーオプションは従来のFX取引よりもかなり簡単な取引であると言えます。

実際、バイナリーオプションの実態は、為替相場を利用してその上下を当てるゲームに近いものです。各種ギャンブルは、その勝敗が偶然に左右されたり、運営団体や胴元の取り分が大きかったりするため、決して経済的な取引とは言えません。

しかしこのバイナリーオプションはギャンブルとは異なり、通常のFX取引と同様にチャートの分析や、各種経済指標の結果に基づいて為替相場の予想ができ、偶然に頼らないトレードが行えます。また、仲介会社の手数料も僅少であるため経済合理性のある取引であると言えます。このようにバイナリーオプションは、従来のFX取引が実現していた割安な手数料や高いリターンを狙えるという特徴に、新たなゲーム感覚を取り入れた新しい金融取引なのです。

「株とAI(人工知能)」についての記事


■人工知能関連(AI) の産業・会社の株価が高騰しているのか
そもそも株取引に関して言えば、投資であり、その企業の価値が上がれば株価も上がり、配当も増えます。増えた株式と資金によって更なる投資(増資・設備投資など)へ回す。そうした側面からすれば、株を買う人は(株主)は投資家とも言えるし、その企業のファンと言う側面も持っています。本来は、実に人間的な性質を持ち、年始の大発会には「ご祝儀相場」という事も良く言われています。そこにはある種の「人間としての情」入り込む余地が有るです。

株とAI(人工知能)との関係は、思うにちょっと複雑かなと感じます。株そのものの取引は後述するとして、そうした「情」を働かせる人間の本来的な仕事とそれに関連する「勘・感受性」も人工知能に持たせるわけなので、限りなく人間に近い形でコントロールして行く事になります。

例えば、OAやFAでも最終判断は人間が行っていますが、その部分をAIが担おうとしています。実際この動きは出て来ていて、例えば、ブログを書く時にもAIが自動的にニュースをピックアップし、分析してライティングしていると言う事例もあります。そこには人間の判断や知見は一切介入していません。端的に言えば、「AI(人工知能」であるから、人間でいう所の「脳」が判断する領域を奪う事になります。

既にAIを開発推進している企業の競争は激化していて、その企業の株価も上昇してきています。つまり、産業のトレンドとして、AIは欠かせない存在になって来ているのです。「将来無くなる仕事」と言うのも現実味を帯びた出来事になる日も近いかもしれません。


■株式市場をAIが仕切っている(コントロール)しているのか。
そうして出来上がって来たAIと開発企業ですが、やはりそこは人間が仕切る、人間が主導の「組織」である為、経営参画までAIが出来るか否かは未踏の地であります。しかしながら、事実として人工知能ならぬ、ITが主導しスーパーコンピューターがデータを分析している昨今、株式市場もAIがコントロールをし、「間違いのない」市場操作をしているかも知れません。AI開発企業の株が下がらない様に、そして利益配当がきちんとなされるように、巧妙に人工知能は働いているのだろうと推測します。ヴァフェットの頭脳をも超えた投資がなされるのかも知れません。

AIを駆使した企業の投資ルームは「静寂」に包まれていると言います。トレーダーが鳴りまくる電話に対応する騒々しい光景は無い様です。あらゆる可能性を秘めたAIですが、人間の会話や声の調子で体調を気遣うような事もプログラミングされているのでしょうか。「情」に近いデータや細工がしてあるのであれば、それは株の世界のみならず、平均した相場を生むだけになるでしょう

相場が荒れてしまう事もAI導入でなくなるのでしょうか?
AIが株式市場をコントロールする映画のような世界に突入しました。


 

FXを始めてみませんか


いま、最も話題の多い資産運用法として人気を集めている外国為替証拠金取引いわゆるFX。

このFXの持つ最大のメリットは、やはり少ない資金で大きな利益を得る事が可能という点に尽きます。例えば外貨預金の場合、100万円分のドルを買って投資を行うためには100万円分の資金が必要でした。これがFXであれば、10万円あれば、100万円分のドルを運用し、ここに発生した為替差益を手に入れられるのです。いわゆるレバレッジ効果と言います。これにより、少ない元手で大きな差益を得られる可能性を秘めたFXは、うまく運用すれば一晩のうちに資金を倍に増やすことも不可能ではありません。

ただし、短期間のうちに多大な損をこうむる危険を秘めていることにもなりますので注意が必要です。すなわちハイリスクハイリターン的投資なのです。ですからこれから始めるFX 初心者の方はこういったリスク面を充分に理解し、小額資金から始める事をおすすめします。

何も為替差益だけで利益を挙げるのではなく、金利差(スワップポイント)でもコツコツと利益を挙げる事もできますのでこれらも勉強されると良いと思います。又、税金についてですが、利益額にもよりますが、各自で確定申告をする必要がありますのでご注意して下さい。