FXとメンタルの関係


 FXは投資取引になりますので、資産を運用していき、これを増やすことが目的になります。
資産を増やすためにはFX取引で利益を生みださなくてはならず、為替相場を相手にしているFX取引では、特にその為替レートの変動をしっかりと読み解いていくことが必要になってくるのです。

FXで利益を生みだすためには様々な方法があります。例えばFXの取引きの仕組みを理解することもそうでしょうし、経済新聞などを読むことも必要でしょう、難しい分析を使ってレートの流れを予測することもこれにあたります。
しかし、それよりもさらに大切なことがあります。それが取引きをする投資家自身の心理要素、つまりメンタルの問題なのです。

FX取引に限らず、これまでの時代の中で世界中の多くの投資家が、投資取引の知識を蓄え、本を読んだりセミナーなどに通い、何度も実際の取引きを行って経験と実績を積んで投資を行っていますが、それでもなお、必ず取引きが成功する、という投資家が存在しない、という事を考えてみても、これらの要素が取引きの成功と失敗を線引きする確定的な要素でないことは明らかだと思います。

簡単な話をすると、どんなに経験や知識があったとしても、投資取引はメンタルが乱れると成功することができないという事になります。
とくに、FX取引などの相場を扱う投資では、自ら投資した資金の価値が、眼の前のレートの変動一つで、儲けになったり損になったりする様をつぶさに見せられ、それを良きところで自らで決済しろと言われているわけですから、これでは迷わないはずはないのです。

このFXで一番重要なメンタルですが、これを乱されにくくするにはどうすればいいでしょうか。それにはまず、心の枷になる要因を小さくしていくのがいいでしょう。
例えば資金の量などは、最たるものではないでしょうか。投資取引は「余剰資金」で行うというのが一般的です。生活のための資金を使って投資をすれば、次の日からの生活が成り立たなくなるという不安が圧し掛かりますので、メンタルに影響を及ぼします。

また、FXの最大の魅力の一つである「レバレッジ」の過剰使用も心を乱すでしょう。これは、取引業者から投資の際に資金を借りて、より多くの通貨をやり取りする仕組みですが、利益が大きくなる分、損失も大きくしてしまうため、このレバレッジを高くしてしまうことで、必ず利益にならなくてはならないという不安が圧し掛かるので、これもまたメンタルに影響を与えます。

他にも要素はあると思いますが、まずはこの2つ、生活のためのお金ではなく余剰資金を使い、その資金からさらに余裕を持てる分の投資をするようにしましょう。
レバレッジは利益も大きくしますが、損失も同じだけ大きくします。使用するときは、しっかりとした強い予測が立った場合に、資金と投資金額のことも考えて適度に使うようにし、相場の予測がうまく立たない時や自信がないときには、小さくレバレッジを使うようにするという選択も必要になるでしょう。

また、どうしても焦ってしまったり、熱くなってしまっているのであれば、一度すべてを忘れて、投資取引から離れてみる、というのも、メンタルを取り戻す有効な方法ですのでお勧めします。


FXを始めてみませんか


いま、最も話題の多い資産運用法として人気を集めている外国為替証拠金取引いわゆるFX。

このFXの持つ最大のメリットは、やはり少ない資金で大きな利益を得る事が可能という点に尽きます。例えば外貨預金の場合、100万円分のドルを買って投資を行うためには100万円分の資金が必要でした。これがFXであれば、10万円あれば、100万円分のドルを運用し、ここに発生した為替差益を手に入れられるのです。いわゆるレバレッジ効果と言います。これにより、少ない元手で大きな差益を得られる可能性を秘めたFXは、うまく運用すれば一晩のうちに資金を倍に増やすことも不可能ではありません。

ただし、短期間のうちに多大な損をこうむる危険を秘めていることにもなりますので注意が必要です。すなわちハイリスクハイリターン的投資なのです。ですからこれから始めるFX 初心者の方はこういったリスク面を充分に理解し、小額資金から始める事をおすすめします。

何も為替差益だけで利益を挙げるのではなく、金利差(スワップポイント)でもコツコツと利益を挙げる事もできますのでこれらも勉強されると良いと思います。又、税金についてですが、利益額にもよりますが、各自で確定申告をする必要がありますのでご注意して下さい。